chromeOSからの印刷

chromeOSは、基本的にドライバーをインストールする必要はありません。
ここでは、chromeOSから従来のプリンタに出力するための設定方法を紹介します。

Cloud print対応プリンタ

  1. 右下の時計付近をクリックし、歯車マークの[設定]をひらきます。
    01
  2. 設定のメニューをひらきます。
    02
  3. 詳細設定>印刷をひらきます。
    03
  4. プリンタをひらきます。
    04
  5. [手動で追加]をクリックします。
    05
  6. 以下の部分を入力し、[追加]をクリックします。
    名前:任意の名前
    住所:IPアドレス

    06

  7. プリンタ選択できるようになります。
    07

Cloud print非対応プリンタ

  1. Cloud printに対応していないプリンタで印刷するには、GoogleCloudPrintでプリンタの登録をする必要があります。
    対象のプリンタで印刷したことのあるWindowsを起動し、chromeをひらきます。
  2. 設定をひらきます。
    n01
  3. 設定のメニューをひらきます。
  4. 詳細設定>印刷をひらきます。
    n03
  5. Googleクラウドプリントをひらきます。
    n05
  6. クラウドプリント端末を管理をひらきます。
    n06
  7. 従来のプリンタから[プリンタを追加]をクリックします。
    n08
  8. パソコンに接続されているプリンタの一覧がでますので、登録したいプリンタにチェックを入れ、[プリンタを追加]をクリックします。
    n09
  9. Googleクラウドプリンタへ登録されました。
    n10
  10. ChromeOS側でも印刷が可能になります。
    ※このとき、登録をしたwindows端末が起動していないと、印刷はできません。
    Screenshot 2019-01-25 at 10.16.34