GoogleDriveをつかったレポート回収方法

GoogleDriveをつかってレポート回収をする方法は、以下のとおりです。

【教員】課題提出用フォルダをGoogleDriveにつくる

  1. ブラウザを立ち上げ、GoogleDriveにアクセスします。
    gd01
  2. 宮教Gmailのアドレスを入力し、[次へ]すすみます。
    gd02
  3. パスワードを入力し、[次へ]すすみます。
    gd03
  4. GoogleDriveにログインしたら、課題用のフォルダを[新規]をクリックし、作成します。
    gd04gd05
  5. 授業名など作成するフォルダの名前を入力します。
    gd06
  6. マイドライブの中に作成したフォルダが表示されます。
    gd07
  7. 作成したフォルダの中に、課題提出フォルダや課題配布フォルダを作成します。
    gd10
  8. 次に、共有設定をします。
    [課題提出フォルダ]の上で右クリックをし、[共有]の設定します。
    gd11
  9. [他のユーザと共有]の画面になりますので、[詳細設定]をクリックします。
    gd12
  10. 共有の詳細を設定し、[完了]をクリックします。
    招待:
    共有する学生のメールアドレスを入力します。Excel等でメールアドレス一覧が作成してあった場合、一気にコピー&ペーストすることも可能です。
    通知:
    チェックを入れ、任意でメッセージを入力します。
    自分宛にコピーを送信する:
    チェックを入れると、メールのコピーが自分宛に届きます。
    オーナーの設定:
    [編集者によるアクセス権の変更や新しいユーザーの追加を禁止します]にチェックを入れます

    gd14

  11. 学生がレポートを提出すると、以下のように表示されます。右クリックでダウンロードができます。
    gd18
  12. 提出されたレポートを複数選択し、一括でダウンロードすることも可能です。
    gd19

【学生】GoogleDriveにある課題提出用フォルダにレポートを提出する

  1. フォルダが共有された旨のメールが届きますので、[開く]でアクセスします。
    gd15
  2. ブラウザで課題提出フォルダが開きますので、ドラッグ&ドロップで課題を提出します。
    gd17