タグ別アーカイブ: miyakyo-up

プロファイル手動作成方法-for Mac

miyakyo-upのプロファイルを手動で作成する方法は、以下のとおりです。


  1. [システム環境設定]をひらきます。
    01
  2. [ネットワーク]をひらきます。
    02
  3. [詳細]をひらきます。
    01
  4. [+]をクリックし、追加します。
    02
  5. 以下のとおり入力し、[OK]をクリックします。
    ネットワーク名:miyakyo-up
    セキュリティ:WPA2エンタープライズを選択
    ユーザ名:メールの@マークから前の部分
    パスワード:個人のパスワード

    03

  6. [miyakyo-up]が手動で作成されました。[OK]をクリックすると、ネットワークにもどりますので、[適用]をクリックします。
    04
    05

プロファイル削除方法-for Android

miyakyo-upは、一度接続すると接続情報が保存され、次から認証なしで接続します。
以下は、miyakyo-upプロファイルの削除の方法です。


  1. [設定]をひらきます。
    01
  2. [Wi-Fi]をタップします。
    02
  3. [miyakyo-up]のSSIDを長押し、[ネットワークから切断]をタップします。
  4. プロファイルが削除され、ユーザ・パスワードを再度入力することができるようになりました。
    Screenshot_2017-03-03-14-24-25

プロファイル削除方法-for Mac

miyakyo-upは、一度接続すると接続情報が保存され、次から認証なしで接続します。
以下は、miyakyo-upプロファイルの削除の方法です。


  1. [システム環境設定]をひらきます。
    01
  2. [ネットワーク]をひらきます。
    02
  3. [詳細]をひらきます。
    03
  4. miyakyo-upを選択し、[-]で削除し、[OK]をクリックします。
    04
  5. [ネットワークにもどりますので、[適用]をクリックします。
    05

sharp製Androidのmiyakyo-up接続方法

sharp製Androidで、学内無線LANに接続するためには、CA証明書をインストールする必要があります。
インストール方法は以下のとおりです。


  1. 別途PCで以下ページより、
    8up-50Security Communication RootCA2 Certificate(SCRoot2ca.cer)をクリックし、ダウンロードします。
    https://repository.secomtrust.net/SC-Root2/
  2. Android機のmicro SDカードを取り出し、PCに接続します。
  3. [1]でダウンロードしたCA証明書を、/sdcard直下にコピーします。
  4. micro SDカードをAndroid機に戻します。
  5. ランチャーメニューから、[設定]→[セキュリティ]→[暗号化]→[SDカードからインストール]をタップし、
    表示された SCRoot2ca.crtをインストールします。
    インストールが完了するとSCRoot2ca.crtはmicro SDカード上から削除されます。
  6. [設定]→[Wi-Fi]→[miyakyo-up]を選択し、CA証明書をSCRoot2ca.crtに指定します。
    IDにユーザー名(学番)、パスワードを入力し、接続できるようになります。

miyakyo-up接続できない対処法

2015年6月25日(木)セキュリティ向上のため、認証に使う「証明書」を切り替えました。
これに関連して、環境によってmiyakyo-upに接続できなくなる場合があります。
接続ができなくなった場合の、対処法は以下のとおりです。

1.「証明書検証」のチェックを外して再認証する。
miyakyo-up2

2.(1)で繋がらない場合、miyakyo-upの認証に必要なルート証明書がインストールされているか確認し、入っていなければインストールし、再度接続を試みます。
「ルート証明書インストール手順」
http://ipc2.miyakyo-u.ac.jp/wp/?p=262

3.(2)で繋がらない場合、miyakyo-upのプロファイルをつくりなおします。
「miyakyo-upプロファイル作成方法(Windows8)」
http://ipc2.miyakyo-u.ac.jp/wp/?p=225

miyakyo-up解除方法

miyakyo-upは、一度接続すると次から認証なしで接続します。
以下は、miyakyo-upプロファイルの削除の方法です。(ここではWindows8を例にしています)

1.右上隅にカーソルをもっていき、チャームを出し、[検索]をクリックします。
profile01

2.アプリの検索で「cmd」と入力し、[コマンドプロンプト]をひらきます。
profile02

3.まず、PC上のすべてのワイヤレス プロファイルを表示し、miyakyo-upを確認します。
[手順] netsh wlan show profiles と入力し、Enterを押す。
profile03

4.miyakyo-upのプロファイルを削除します。
[手順]netsh wlan delete profile name=”miyakyo-up”と入力し、Enterを押す。
profile04
profile05

5.miyakyo-upのプロファイルが削除され、認証しなおすことが可能になります。
profile06

miyakyo-upプロファイル作成方法(Windows8)

—————————————–

■miyakyo-up接続手順(windows8)
マニュアルを見る

—————————————–
Windows8 はセキュリティが強化されており、プロファイルを作成しないと接続が出来ない場合があります。
上記マニュアルでmiyakyo-upをWindows8にて接続できなかった場合の接続手順は以下のとおりです。

●情報処理センター事務室でも、接続のサポートをさせて頂いております。
ご希望の方は、PCをお持込ください。

1.事前準備
接続に必要なルート証明書がインストールされていることを確認します。
(1)デスクトップ画面で右上や右下にカーソルを移動し、チャーム(メニュー)を表示させ、[設定]をクリックします。
8up-01
(2)[コントロールパネル]をクリックします。
8up-02
(3)[ネットワークとインターネット]をクリックします。
8up-03
(4)[インターネットオプション]をクリックします。
8up-04
(5)[インターネットのプロパティ]ウィンドウが開いたら、[コンテンツ]タブを選択し、[証明書]ボタンをクリックします。
8up-05
(6)[証明書]ウィンドウが開いたら、[信頼されたルート証明期間]タブを選択し、[Security Communication RootCA1][Security Communication RootCA2]があることを確認します。

※「Security Communication RootCA1」「Security Communication RootCA2」がない場合、ルート証明書をインストールする必要があります。
マニュアルを見る

2.接続手順
(1)デスクトップ右下にあるタスクトレイのネットワークアイコンを右クリックし、[ネットワークと共有センターを開く]をクリックします。
8up-07

8up-08
(2)[ネットワークと共有センター]ウィンドウが開いたら、[新しい接続またはネットワークのセットアップ]をクリックします。
8up-09
(3)[接続またはネットワークのセットアップ]ウィンドウが開いたら、[ワイヤレス ネットワークに手動で接続します]を選択し、[次へ]をクリックします。
8up-10
(4)[ネットワーク名]に[miyakyo-up]を入力し、
[セキュリティの種類]から[WPA2-エンタープライズ]を選択し、
[暗号化の種類]が[AES]になっていることを確認します。
この際、「miyakyo-up」に自動的に接続するように設定したい場合には、[この接続を自動的に開始します]のチェックを入れた状態にします。
[次へ]をクリックします。
8up-11
(5)[接続の設定を変更します]をクリックします。
8up-12
(6)[miyakyo-upワイヤレスネットワークのプロパティ]ウィンドウが開きますので、[セキュリティ]タブを選択し、[ネットワークの認証方法の選択]から[Microsoft: 保護されたEAP(PEAP)]を選択し、[設定]をクリックします。
8up-13
(7) [証明書を検証してサーバーのIDを検証する]にチェックを入れ、[次のサーバーに接続する]のチェックが外れていることを確認します。
8up-14
(8)また、[信頼されたルート証明機関」の中から、[Security Communication RootCA1]、[Security Communication RootCA2]を選択し、[接続前の通知]を[新しいサーバーまたは信頼されたCAを承認するときにユーザーに確認を求めません]を選択します。

(9)[認証方法を選択する]を[セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2)]が選択されていることを確認し、[構成]をクリックします。
8up-16
(10)[Windowsのログオン名とパスワード(およびドメインがある場合はドメイン)を自動的に使う]のチェックを外し、[OK]をクリックします。
8up-17
(11)[保護されたEAPのプロパティ]ウィンドウに戻りますので、[OK]をクリックします。
(12)[miyakyo-up ワイヤレス ネットワークのプロパティ]ウィンドウに戻りますので、[詳細設定]をクリックします。
8up-18
(13)[認証モードを指定する]にチェックが入っていることを確認し、[ユーザ認証]を選択し、[資格情報の保存]をクリックします。
8up-19
(14)使用する接続IDとパスワードを入力し、[OK]をクリックします。
8up-20
(15)[詳細設定]ウィンドウに戻りますので、[OK]をクリックします。
(16)[miyakyo-fu ワイヤレス ネットワークのプロパティ]ウィンドウに戻りますので、[OK]をクリックします。
(17)[ワイヤレス ネットワークに手動で接続します]ウィンドウに戻りますので、[閉じる]をクリックします。
(18)[ネットワークと共有センター]ウィンドウに戻ると、[アクティブなネットワークの表示]の場所に[miyakyo-up]が表示されたら完了です。
8up-24

ルート証明書インストール手順

Windows8にてmiyakyo-upに接続するためのルート証明書インストール手順は以下のとおりです。

[Security Communication RootCA2]のインストール

  1. 下記ページにアクセスします。
    https://repository.secomtrust.net/SC-Root2/
    ■[Security Communication RootCA1]のインストールは、同様の手順でこちらのページとなりますhttps://repository.secomtrust.net/SC-Root1/
  2. 8up-50Security Communication RootCA2 Certificate(SCRoot2ca.cer)をクリックし、ダウンロードします。
  3. [証明書]ウィンドウがでるので、[証明書のインストール]をクリックします。
  4. [証明書のインポートウィザード]ウィンドウが開くので、[次へ]をクリックします。
    8up-52
  5. 証明書が保管される領域を選択して、[次へ]をクリックします。
    ※通常自動的に配置されますが、配置されない場合[証明書をすべて次のストアに配置する]→[信頼されたルート証明機関]に指定します。
    8up-53
  6. [完了]をクリックしてインストールは終了です。
    8up-54
  7. 下記メッセージが出ます。
    8up-55