タグ別アーカイブ: Thunderbird

宮教GmailをThunderbirdで(教職員版)

2018.6.19 以下修正
・サーバの認証方式の変更
受信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2
送信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2

——–
2017 年より本学教職員のメールは Gmail になりました。
Gmail はそのままでも十分便利なのですが、 これまで Thunderbird に慣れ親しんだ(?)利用者には、Gmail のインターフェイスは馴染めない、 またネット接続されていないと過去のメールがみれないと気づくことも。
そこで、Thuderbird で Gmai を送受信する方法を紹介します。
使えるようにするには Gmail 側と Thunderbird 側、両方の設定を行いましょう。

Gmailの設定手順

  1. Gmail側で、IMAPを許可しよう (デフォルトでは許可されていない)
    Gmailへログインする。
    xxx@staff.miyakyo-u.ac.jp
  2. 歯車>設定へ
  3. メール転送とPOP/IMAPの「IMAPアクセス」で「IMAPを有効にする」をチェック。
  4. 次に、Google の初期設定では、メールクライアント(例えば Tunderbird や Outlook など)を「安全性の低いアプリ」として、アクセスを拒否するようになっているので、有効にするため、[アカウント情報]を開く。
  5. [ログインとセキュリティ]を開く。
    a03
  6. スクロールしていくと下のほうに[安全性の低いアプリの許可]があるので、有効にする。
    a04

Thunderbirdの設定手順

    1. Thuderbirdを起動してアカウント設定
      4
    2. あなたが既にThuderbirdを利用している場合は「アカウント追加を」
      6
    3. 初めて設定する場合は、次のウィンドウが出る
      7
    4. メールアカウントの設定をする
      ・あなたのお名前:Miyagi Taro
      ・メールアドレス:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      ・パスワード:いつものパスワード

      手動設定をクリックする。

    5. サーバの設定を確認して、詳細設定に進みます。
      ■受信サーバ■■
      ・IMAP
      ・サーバのホスト名:imap.gmail.com
      ・ポート番号:993
      ・SSL:SSL/TLS
      ・認証方式:OAuth2
      ・ユーザ名:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp■送信サーバ■■
      ・SMTP
      ・サーバのホスト名:smtp.gmail.com
      ・ポート番号:465
      ・SSL:SSL/TLS
      ・認証方式:OAuth2
      ・ユーザ名:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp

    6. ツール>アカウント設定になる。

    7. ツール>アカウント設定
      以下の部分を確認し、相違がある場合は、修正する。
      ・アカウント名
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      ・メールアドレス
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      @重要@ここを打ち間違えるとメールを受け取った人が返事を書く時にエラーになる

      ・署名編集 「自分の署名を入れる」
    8. ツール>アカウント設定>サーバ設定
      ユーザ名:
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp

      ユーザ名変更の確認が出てきた場合、「OK」をクリックして進む。
      13
    9. ツール>アカウント設定>送信(SMTP)サーバ
      ユーザ名:
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      [編集]をクリックして、送信サーバのユーザー名を確認する。

    10. ツール>アカウント設定>編集とアドレス入力
      「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外す
      14
    11. (重要) ツール>アカウント設定>同期とディスク領域
      「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す

      15
    12. (重要) ツール>オプション>編集>一般
      「グローバル索引と索引データベースを有効にする」のチェックを外す
      (索引が大きくなると、プロファイルが大きくなり起動時間が長くなり、速度が遅くなる)
      16
    13. ツール>オプション>編集>一般
      送信テキスト形式…「プレーンテキストに変換して送信する」
      (HTMLメッセージを送らない)
      17 
    14. サーバの認証方式が、OAuth2になり、クライアントアプリへの権限許可設定が必要になります。
      認証情報を求められますので、[次へ]へクリックします。
      (ウィンドウは、後ろに隠れていることがあります)
    15. いつものパスワードを入力し、[次へ]すすみます。
    16. [許可]をクリックすると、メールの送受信ができるようになります。

宮教GmailをThunderbirdで(学生版)

2018.6.19 以下修正
・サーバの認証方式の変更
受信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2
送信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2
・Gmail側の設定
安全性の低いアプリの許可: 有効 の設定追加

—-
2013年より本学学生のメールはGmailになりました。
Gmailはそのままでも十分便利なのですが、 これまでThunderbirdに慣れ親しんだ(?)利用者には、Gmailのインターフェイスは馴染めない、 またネット接続されていないと過去のメールがみれないと気づくことも。
そこで、ThuderbirdでGmaiを送受信する方法を紹介します。

使えるようにするにはGmail側とThunderbird側、両方の設定を行いましょう。
・Gmail側で設定する
・Thunderbirdで設定する


Gmailの設定手順

  1. Gmail側で、IMAPを許可しよう (デフォルトでは許可されていない)
    Gmailへログインする。
    1
  2. 歯車>設定へ
    2
  3. メール転送とPOP/IMAPの「IMAPアクセス」で「IMAPを有効にする」をチェック。
    3
  4. 次に、Google の初期設定では、メールクライアント(例えば Tunderbird や Outlook など)を「安全性の低いアプリ」として、アクセスを拒否するようになっているので、有効にするため、[アカウント情報]を開く。
    a02
  5. [ログインとセキュリティ]を開く。
    a03
  6. スクロールしていくと下のほうに[安全性の低いアプリの許可]があるので、有効にする。
    a04

Thunderbirdの設定手順

    1. Thuderbirdを起動してアカウント設定
      4
    2. あなたが既にThuderbirdを利用している場合は「アカウント追加を」
      6
    3. 初めて設定する場合は、次のウィンドウが出る
      7
    4. メールアカウントの設定をする
      ・あなたのお名前:Miyagi Taro
      ・メールアドレス:eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      ・パスワード:いつものパスワード

      手動設定をクリックする。

      詳細設定へと進む。

      ツール>アカウント設定になる。
      9

    5. ツール>アカウント設定
      以下の部分を確認し、相違がある場合は、修正する。
      ・アカウント名
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      ・メールアドレス
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      @重要@ここを打ち間違えるとメールを受け取った人が返事を書く時にエラーになる
      ・署名編集 「自分の署名を入れる」
      18
    6. ツール>アカウント設定>サーバ設定
      ユーザ名:
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      12
      ユーザ名変更の確認が出てきた場合、「OK」をクリックして進む。
      13
    7. ツール>アカウント設定>送信(SMTP)サーバ
      ユーザ名:
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      [編集]をクリックして、送信サーバのユーザー名を確認する。
      19
      20
    8. ツール>アカウント設定>編集とアドレス入力
      「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外す
      14
    9. (重要) ツール>アカウント設定>同期とディスク領域
      「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す

      15
    10. (重要) ツール>オプション>編集>一般
      「グローバル索引と索引データベースを有効にする」のチェックを外す
      (索引が大きくなると、プロファイルが大きくなり起動時間が長くなり、速度が遅くなる)
      16
    11. ツール>オプション>編集>一般
      送信テキスト形式…「プレーンテキストに変換して送信する」
      (HTMLメッセージを送らない)
      17
    12. サーバの認証方式が、OAuth2になり、クライアントアプリへの権限許可設定が必要になります。
      認証情報を求められますので、[次へ]へクリックします。
      (ウィンドウは、後ろに隠れていることがあります)
      013
    13. いつものパスワードを入力し、[次へ]すすみます。
      014

    14. [許可]をクリックすると、メールが送信できるようになります。
      t2

    15. 受信トレイにメールが見えてきます。
      14

メールの移動方法-サーバからローカルへ(Thunderbird)

ThunderbirdでIMAPメールをローカルPCに残す方法は、以下のとおりです。
メールの移動を始める前に、PCの空き容量を確認してください。
(10万通のメールでは、10GB以上を目安にしてください。)


受信トレイにあるメールを移動する場合

  1. Thunderbirdを起動します。受信トレイの上部がサーバに入っているメール、下部にあるローカルフォルダの部分が、PC配下のローカルフォルダになります。
  2. ローカルフォルダ上で右クリックをし、新しいフォルダを作成します。フォルダーを作成する場所は、[ローカルフォルダ]です。
    thu01
    thu02
    th00
  3. 受信トレイから移動させたいメールを選択します。(ここからここまでという場合、Shift+Enterキーで決定するとあいだのメールもすべて選択されます。)
    th02
  4. 選択したメールをドラッグ&ドロップで、先程作成したフォルダに移動させます。このとき、数が多すぎるとエラーになりますので、ご注意ください。
    th3

フォルダごと移動する場合

  1. Thunderbirdを起動します。受信トレイの上部がサーバに入っているメール、下部にあるローカルフォルダの部分が、PC配下のローカルフォルダになります。
  2. ドラッグ&ドロップで移動させたいメールのフォルダをローカルフォルダにコピーします。
    th001
    th002
  3. サーバ上のフォルダを削除します。
    フォルダ上で右クリックをし、削除します。
    th003
    thu06