タグ別アーカイブ: L2TP/IPsec

家からレポートを提出しよう

~家からレポート提出して時短!~
レポートを提出するだけでなく,学校のパソコンの中のファイルをコピーしたり,学校のパソコンにファイルを送ることもできます。
一度セットアップすれば気軽につかえます!
ぜひお試しください。
マニュアルを見る

L2TP/IPsec の利用

学外からのアクセスに対して学内環境を仮想的に提供するというサービスは、これまでSSLVPNを利用してましたが、2015年5月より、汎用性のある L2TP/IPsec の利用も開始されました。

※L2TP/IPsec は、L2TP (Layer Two Tunneling Protocol) という、ネットワーク間でのVPN (Virtual Private Network) 接続する通信手段を用います。L2TP自体は暗号化の仕組みを持たないため、IPsecを併用することでデータの機密性や完全性を確保したVPN接続を実現するものです。

【基本設定】
ホスト名 (サーバ名)       sslvpn.miyakyo-u.ac.jp
ユーザー名 (アカウント)    センターシステムのアカウント
パスワード                     センターシステムのパスワード
シークレット (事前共有鍵)   miyakyo-u の共有キー

【SSLVPNとの比較】

SSLVPN

  • https が利用できる環境からは利用できる
  • 暗号化強度:SSLVPN が AES256(秘匿性が高い)
  • VPN クライアントソフトのインストールが必要

L2TP VPN

  • VPN しか利用できない eduroam 環境からも利用可能
  • VPN クライアントソフトのインストールの必要が無い
  • 暗号化強度: L2TP/IPsec は 3DES
  • ホテルやホットスポット、ゲストアクセスで利用できない事がある
  • NAT 環境では NAT 装置が L2TP/IPsecに対応していないと接続できない

【詳細設定】
汎用性があるという L2TP/IPsec は各OSやスマートフォンなどに搭載されている L2TP/IPsec VPN クライアントを用いて VPN 接続をします。その方法をそれぞれ説明していますのでご覧ください。