タグ別アーカイブ: Gmail

Gmailの差出人メールアドレスを追加する

Gmailで送信するとき、差出人(FROM)を追加する方法は以下のとおりです。

 


  1. 安全性の低いアプリの許可の状態を確認します。
    [アカウント情報]を開きます。
    01
  2. [ログインとセキュリティ]を開きます。
    02
  3. [ログインとセキュリティ]の画面の最後に[安全性の低いアプリの許可]があります。
    無効になっている場合は、[有効]にします。
    03

 


  1. 差出人追加設定をします。
    Gmailをひらき、右上の歯車マーク→[設定]をクリックします。
    ml_01
  2. [アカウント]のタブを選択し、名前項目にある[メールアドレスを追加]をクリックします。
  3. [名前(差出人として表示する名前)][メールアドレス]を入力します。
    [エイリアスとして扱います]のチェックは外します
    ml_04
  4. SMTPサーバーの情報を入力し、[アカウントを追加する]をクリックします。
    SMTPサーバ:smtp.gmail.com
    ポート:587
    ID:useiname@staff.miyakyo-u.ac.jp
    パスワード:個人のパスワード

  5. このメールアドレスの所有者であることを確認するため、確認メールがおくられてきます。
    (※追加するアドレスがメーリングリストの場合、メーリングリスト宛にメールがおくられてきますので複数人で運用している場合は注意が必要です。)
    送られてきたメールを確認し、リンクをクリックするか、確認コードを入力します。
    gm04
    ml_07
  6. メール作成で差出人部分が選択できるようになりました。

 

宮教GmailをThunderbirdで(学生版)

2013年より本学学生のメールはGmailになりました。
Gmailはそのままでも十分便利なのですが、 これまでThunderbirdに慣れ親しんだ(?)利用者には、Gmailのインターフェイスは馴染めない、 またネット接続されていないと過去のメールがみれないと気づくことも。
そこで、ThuderbirdでGmaiを送受信する方法を紹介します。

使えるようにするにはGmail側とThunderbird側、両方の設定を行いましょう。
・Gmail側で設定する
・Thunderbirdで設定する


Gmailの設定手順

  1. Gmail側で、IMAPを許可しよう (デフォルトでは許可されていない)
    Gmailへログインする。
    1
  2. 歯車>設定へ
    2
  3. メール転送とPOP/IMAPの「IMAPアクセス」で「IMAPを有効にする」をチェック。
    3

Thunderbirdの設定手順

    1. Thuderbirdを起動してアカウント設定
      4
    2. あなたが既にThuderbirdを利用している場合は「アカウント追加を」
      6初めて設定する場合は、次のウィンドウが出る
      7
    3. メールアカウントの設定をする
      ・あなたのお名前:Miyagi Taro
      ・メールアドレス:eXXXX@gmail.com
      (@gmail.comがついていると自動でgmailの設定になる)
      ・パスワード:いつものパスワード

      手動設定をクリックする。
      5
      詳細設定へと進む。
      8
      ツール>アカウント設定になる。
      9

    4. ツール>アカウント設定>▽eXXXX@gmail.comの設定を変更する
      ・アカウント名
      eXXXX@gmail.com
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      ・メールアドレス
      eXXXX@gmail.com
      eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      @重要@ここを打ち間違えるとメールを受け取った人が返事を書く時にエラーになる
      ・署名編集 「自分の署名を入れる」
      18
    5. ツール>アカウント設定>サーバ設定
      ユーザ名:
      eXXXX@gmail.com
      →eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      12
      ユーザ名の変更を確認してくるので、「OK」をクリックして進む。
      13
    6. ツール>アカウント設定>送信(SMTP)サーバ
      ユーザ名:
      eXXXX@gmail.com
      →eXXXX@students.miyakyo-u.ac.jp
      [編集]をクリックして、送信サーバのユーザー名を編集する。
      19
      20
    7. ツール>アカウント設定>編集とアドレス入力
      「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外す
      14
    8. (重要) ツール>アカウント設定>同期とディスク領域
      「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す
      (宮教Gmailの領域30Gに対してセンター端末の領域は1.6G)
      15
    9. (重要) ツール>オプション>編集>一般
      「グローバル索引と索引データベースを有効にする」のチェックを外す
      (索引が大きくなると、プロファイルが大きくなり起動時間が長くなり、速度が遅くなる)
      16
    10. ツール>オプション>編集>一般
      送信テキスト形式…「プレーンテキストに変換して送信する」
      (HTMLメッセージを送らない)
      17

Gmailのfrom(差出人)としての自分の名前を変更する

 

Gmailで送信するときに From として明記される自分の名前を変更する。

  1. メールの「歯車マーク」から「設定」を選択する。gfrom01
  2. 「アカウントとインポート」のタグを選択すると、「名前:」 にメールアドレスがある。その右の「情報を編集」をクリックする。gfrom02
  3. 「メールアドレスの編集」画面になるので、標記する自分の名前を記載し、「変更を保存」をクリックする。
    gfrom03

ThuderbirdでGmaiを送受信する方法

~宮教GmailをThuderbirdで~
2013年より本学学生のメールはGmailになりました。
Gmailはそのままでも十分便利なのですが、 これまでThunderbirdに慣れ親しんだ(?)利用者には、Gmailのインターフェイスは馴染めない、 またネット接続されていないと過去のメールがみれないと気づくことも。
そこで、ThuderbirdでGmaiを送受信する方法を紹介します。

また、誤った設定をすると、ローカルに保存し、起動が遅くなることも!「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外すという重要なポイントも紹介しています。

マニュアルを見る