タグ別アーカイブ: 差出人追加

Outlookで差出人メールアドレスを追加する

Outlookで、宮城教育大学のメーリングリストを差出人(FROM)として追加する方法は以下のとおりです。

※Outlook側だけでの設定では、差出人のアドレスが変更されません。事前にGmail側での差出人追加作業を行ってください。
GMAILの差出人メールアドレスを追加する


  1. outlookを起動し、ファイルタブをひらきます。
    004
  2. アカウント設定をクリックします。
    005
  3. 自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(詳細設定)を選択し、次へをクリックします。
    006
  4. POPまたはIMAPを選択し、次へをクリックします。
    007
  5. アカウントの情報を入力します。

    【ユーザー情報】メーリングリストの情報を入れます
    名前:受信者に表示されるメーリングリスト名
    電子メールアドレス:XXXXX@adm(ml).miyakyo-u.ac.jp

    【サーバー情報】
    アカウントの種類:IMAP
    受信メールサーバー:imap.gmail.com
    送信メールサーバー:smtp.gmail.com

    【メールサーバーへのログオン情報】自分の宮教staff-gmailの情報を入れます。
    アカウント名:XXXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
    パスワード:XXXXXXXX

    008

  6. 詳細設定をクリックします。
    008-2
  7. 送信サーバのタブをひらき、
    ・送信サーバ(SMTP)は認証が必要
    ・受信メールサーバーと同じ設定を使用する
    にチェックを入れます。
    010
  8. 詳細設定のタブをひらき、以下のように設定し、OKをクリックします。
    【サーバーのポート番号】
    受信サーバー(IMAP):993
    使用する暗号化の種類:SSL送信サーバー(SMTP):465
    使用する暗号化の種類:SSL

    011

  9. 次へをクリックすると、受信送信のチェックが行われます。
    すべて完了すると設定は完了です。
    テストに失敗する場合は、入力を見直してみます。
    011-2
    12
    13
  10. outlookで新規メール作成をするとき、差出人を選択できるようになります。
    014
    015

Gmailの差出人メールアドレスを追加する

Gmailで送信するとき、差出人(FROM)を追加する方法は以下のとおりです。

 


  1. 安全性の低いアプリの許可の状態を確認します。
    [アカウント情報]を開きます。
    01
  2. [ログインとセキュリティ]を開きます。
    02
  3. [ログインとセキュリティ]の画面の最後に[安全性の低いアプリの許可]があります。
    無効になっている場合は、[有効]にします。
    03

 


  1. 差出人追加設定をします。
    Gmailをひらき、右上の歯車マーク→[設定]をクリックします。
    ml_01
  2. [アカウント]のタブを選択し、名前項目にある[メールアドレスを追加]をクリックします。
  3. [名前(差出人として表示する名前)][メールアドレス]を入力します。
    [エイリアスとして扱います]のチェックは外します
    ml_04
  4. SMTPサーバーの情報を入力し、[アカウントを追加する]をクリックします。
    SMTPサーバ:smtp.gmail.com
    ポート:587
    ID:username@staff.miyakyo-u.ac.jp
    パスワード:個人のパスワード

  5. このメールアドレスの所有者であることを確認するため、確認メールがおくられてきます。
    (※追加するアドレスがメーリングリストの場合、メーリングリスト宛にメールがおくられてきますので複数人で運用している場合は注意が必要です。)
    送られてきたメールを確認し、リンクをクリックするか、確認コードを入力します。
    gm04
    ml_07
  6. メール作成で差出人部分が選択できるようになりました。