カテゴリー別アーカイブ: Windows

演習室Windowsネットワーク接続手順

2017年6月より演習室のWindows端末は、新構成となっております。
ネットワーク接続(プリンタやインターネットの利用)をする場合は、ブラウザでユーザ認証をする必要があります。
以下は、ネットワーク接続するための手順です。


  1. 端末の電源を入れます。
  2. Windowsを起動すると、Chromeが自動起動します。
    ネットワーク利用者認証画面が表示されますので、ユーザiDとパスワードを入力し、[送信]をクリックします。

    ユーザID :学番(メールアドレスの@マークから前)
    パスワード:各個人のパスワード

    12

  3. 以下の画面が表示されれば、完了です。
    これで、インターネットが利用可能となります。
    13

※注意事項

  • ログイン後は、ブラウザは閉じないでください。
    ブラウザを閉じるとネットワークから切断されます。
    ブラウザを最小化して、端末を試用してください。
  • 再度ネットワークに接続するためには、ブラウザを開いて、ログインをし直してください。

 

 

 

ROOTの利用方法

ROOTは情報処理センター演習室windowsの「標準端末」「教員端末」に導入しています。
利用環境はシンクライアントシステムになるため、設定した内容はシャットダウン後初期化されます。


  1. Cygwinの起動
    プログラムメニューからCygwin64 Terminalを起動します。
    01
    Cygwin ターミナルが起動されます。
    02
  2. 環境設定
    vi を利用する方は、.exrcを作成して下さい。
    $ vi .exrc
    set nocompatible
    set backspace=indent,eol,start
    :wqでセーブ
    $source .exrcROOTのパスを設定
    $vi .bashrc
    最終行に
    export ROOTSYS=/usr/local/root
    export PATH=${ROOTSYS}/bin:${PATH}
    export LD_LIBRARY_PATH=${ROOTSYS}/lib/root:${LD_LIBRARY_PATH}
    alias root=”root -l”
    :wqでセーブ
    $source .bashrc
  3. グラフを出してみよう!(プログラミングする)
    vi test.cc
    {
    // キャンバスの準備
    TCanvas *c = new TCanvas( “test” );
    // 枠を書く 左下(0.0, 0.0) 右上(4.0, 10.0)
    TH1 *frame = c->DrawFrame( 0.0, 0.0, 4.0, 10.0 );
    // データーの準備
    double x[4] = { 0.0, 1.0, 2.0, 3.0 };
    double y[4] = { 0.0, 1.0, 4.0, 9.0 };
    // グラフを作る
    TGraph *g = new TGraph( 4, x, y );
    g->SetMarkerStyle( 20 );
    g->SetMarkerSize( 1.0 );
    g->Draw( “PC” ); // グラフを書く
    c->Print( “test.png” ); // グラフをファイルに出力
    }
    :wqでセーブ
  4. Xwindowを起動
    03
    起動するとタスクバーにXアイコンが表示されます。
    04
    環境変数を設定します。export DISPLAY=localhost:0.0
    05
    マウスを当てて右クリックします。
    06
    「システムツール」→「Xterm」でXTERMを起動。
    07
    XTERMから以下のコマンドを実行
    $root –x test.cc
    08
    グラフが表示されます。
    09

演習室Windowsでプリンターが見えない場合の対処法

演習室Windowsで印刷する際、モノクロプリンター(またはカラー)がプリンターの一覧に出てこないときの対処法です。

1.[スタートメニュー]→[コンピューター]→[report(Y:)]フォルダ→[center]フォルダを開きます。
[add.print.bat]をダブルクリックして起動します。
addprint01

2.プリンターの追加と削除が自動的に開始されます。
※ここで、「接続できませんでした」等のエラーメッセージが出た場合[ok]をクリックし、エラーメッセージが出なくなるまで[addPrint.bat]を実行してください。
addprint03

3.[スタートメニュー]→[デバイスとプリンター]でプリンターが追加され、[モノクロプリンター]に通常使うプリンターとしてチェックaddprint06が入っていることを確認します。
(通常使うプリンターにチェックが入っていない場合は、右クリック→通常使うプリンターにチェックをいれます)
addprint05

4.印刷設定に戻り、印刷対象のプリンターを確認し、印刷します。

規定のプログラム変更方法

演習室Windowsで写真や画像を見ようとファイルをダブルクリックするとGIMP(画像処理ソフト)にて開いてしまいます。
いつも印刷だけしたいのだけど、GIMPは立ち上がるのに時間がかかる…

以下は、ファイルの種類により立ち上げる「規定のプログラム」を変更する方法になります。

ここでは例として、.jpg(多くのデジタルカメラの画像形式)ファイルを開く際に立ち上がるプログラムを GIMPから Windowsフォトビュアーに変更してみます。

1.スタートメニューから[規定のプログラム]をクリックします。
kiteo01

(個人の環境により スタートメニューに出てこない場合もあります。その際は[プログラムとファイルの検索]で プログラム と入力して検索します。)
kitei02
kitei02-2

2.[ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け]をクリックします。
kitei03

3.[.jpg]を選択し、[プログラムの変更]をクリックします。
kitei04

4.「このファイルを開くプログラムを選択してください」とでますので、[Windowsフォトビュアー]を選びます。
kitei05

5..jpgのファイルは「Widowフォトビュアー」で開かれるようになりました。
kitei06

演習室Windows端末の起動時間が遅い場合の対処方法

演習室Windows端末の起動時間が10分以上かかるなど非常に遅い場合、Dropboxの同期が一つの原因として考えられます。
Dropboxの同期を停止し、端末に残るファイルを完全に削除する手順は以下の通りです。

1.通知トレイのDropboxアイコンを右クリックし、設定をクリックする0

2.「アカウント」タブを開き、「このコンピューターのリンクを解除する」をクリックする
※この手順を行わずにファイルを削除すると、元のファイルが消えてしまうので注意してください。
drop1

3.スタートメニューからドキュメントを開き、Dropboxフォルダを表示し、フォルダ内の全てのファイルを選択して削除します。
3

※ここまでの手順でファイルの削除は終わりましたが、Dropboxでは復元用のファイルが残っているため、それも削除します。

4.フォルダを表示した状態で、「整理」から「フォルダーと検索のオプション」をクリックする。
4

5.フォルダーオプションが表示されるので、「表示」タブから一番下の「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」チェックボックスを外し、「OK」をクリックします。
5

6.Dropboxフォルダに戻ると「.dropbox.cache」というフォルダが現れるので、右クリックして削除します。
6

7.最後に、5と同様の操作で再度フォルダーオプションを表示し、チェックボックスをクリックして元に戻します。