情報処理センター のすべての投稿

宮教GmailをThunderbirdで(教職員版)

2018.6.19 以下修正
・サーバの認証方式の変更
受信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2
送信メールサーバ認証方式:通常のパスワード認証→OAuth2

——–
2017 年より本学教職員のメールは Gmail になりました。
Gmail はそのままでも十分便利なのですが、 これまで Thunderbird に慣れ親しんだ(?)利用者には、Gmail のインターフェイスは馴染めない、 またネット接続されていないと過去のメールがみれないと気づくことも。
そこで、Thuderbird で Gmai を送受信する方法を紹介します。
使えるようにするには Gmail 側と Thunderbird 側、両方の設定を行いましょう。

Gmailの設定手順

  1. Gmail側で、IMAPを許可しよう (デフォルトでは許可されていない)
    Gmailへログインする。
    xxx@staff.miyakyo-u.ac.jp
  2. 歯車>設定へ
  3. メール転送とPOP/IMAPの「IMAPアクセス」で「IMAPを有効にする」をチェック。
  4. 次に、Google の初期設定では、メールクライアント(例えば Tunderbird や Outlook など)を「安全性の低いアプリ」として、アクセスを拒否するようになっているので、有効にするため、[アカウント情報]を開く。
  5. [ログインとセキュリティ]を開く。
    a03
  6. スクロールしていくと下のほうに[安全性の低いアプリの許可]があるので、有効にする。
    a04

Thunderbirdの設定手順

    1. Thuderbirdを起動してアカウント設定
      4
    2. あなたが既にThuderbirdを利用している場合は「アカウント追加を」
      6
    3. 初めて設定する場合は、次のウィンドウが出る
      7
    4. メールアカウントの設定をする
      ・あなたのお名前:Miyagi Taro
      ・メールアドレス:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      ・パスワード:いつものパスワード

      手動設定をクリックする。

    5. サーバの設定を確認して、詳細設定に進みます。
      ■受信サーバ■■
      ・IMAP
      ・サーバのホスト名:imap.gmail.com
      ・ポート番号:993
      ・SSL:SSL/TLS
      ・認証方式:OAuth2
      ・ユーザ名:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp■送信サーバ■■
      ・SMTP
      ・サーバのホスト名:smtp.gmail.com
      ・ポート番号:465
      ・SSL:SSL/TLS
      ・認証方式:OAuth2
      ・ユーザ名:XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp

    6. ツール>アカウント設定になる。

    7. ツール>アカウント設定
      以下の部分を確認し、相違がある場合は、修正する。
      ・アカウント名
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      ・メールアドレス
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      @重要@ここを打ち間違えるとメールを受け取った人が返事を書く時にエラーになる

      ・署名編集 「自分の署名を入れる」
    8. ツール>アカウント設定>サーバ設定
      ユーザ名:
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp

      ユーザ名変更の確認が出てきた場合、「OK」をクリックして進む。
      13
    9. ツール>アカウント設定>送信(SMTP)サーバ
      ユーザ名:
      XXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
      [編集]をクリックして、送信サーバのユーザー名を確認する。

    10. ツール>アカウント設定>編集とアドレス入力
      「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックを外す
      14
    11. (重要) ツール>アカウント設定>同期とディスク領域
      「このアカウントのメッセージをこのコンピュータに保存する」のチェックを外す

      15
    12. (重要) ツール>オプション>編集>一般
      「グローバル索引と索引データベースを有効にする」のチェックを外す
      (索引が大きくなると、プロファイルが大きくなり起動時間が長くなり、速度が遅くなる)
      16
    13. ツール>オプション>編集>一般
      送信テキスト形式…「プレーンテキストに変換して送信する」
      (HTMLメッセージを送らない)
      17 
    14. サーバの認証方式が、OAuth2になり、クライアントアプリへの権限許可設定が必要になります。
      認証情報を求められますので、[次へ]へクリックします。
      (ウィンドウは、後ろに隠れていることがあります)
    15. いつものパスワードを入力し、[次へ]すすみます。
    16. [許可]をクリックすると、メールの送受信ができるようになります。

プロファイル削除方法-for iPhone/iPad

miyakyo-upは、一度接続すると接続情報が保存され、次から認証なしで接続します。
以下は、miyakyo-upプロファイルの削除の方法です。


  1. [設定]をひらきます。
    image1
  2. [Wi-Fi]をひらきます。
    2
  3. [miyakyo-up]の詳細を開きます。
    c1
  4. [このネットワーク設定を削除]をタップします。
    c2
  5. 確認画面が表示されるので、[解除]タップします。
    プロファイルが削除され、ユーザ・パスワードを再度入力することができるようになります。
    c3

miyakyo-up接続手順-for iPhone/iPad

iPhoneのmiyakyo-up接続方法は以下のとおりです。

Android端末は、こちらからご覧ください。
MIYAKYO-UP接続手順-FOR ANDROID

  1. [設定]をひらきます。
    image1
  2. [Wi-Fi]をひらきます。
    2
  3. [Wi-Fi]がONになっていることを確認し、[miyakyo-up]を選択します。
    3
  4. ユーザ名とパスワードを入力し、[接続]します。
    ユーザ名:学番(教職員は、メールアドレスの@マークより前)
    パスワード:各自設定したパスワード

    4

  5. 証明書の確認が表示されますので、[信頼]をクリックします。
    5
  6. 接続完了です。
    6

上記手順で接続できない場合は、MIYAKYO-UP接続できない対処法をお試しください。

miyakyo-up接続手順-for Android

Android端末のmiyakyo-up接続方法は以下のとおりです。

※sharp製Android端末は、証明書をインストールしてからでないと接続することができません。
SHARP製ANDROIDのMIYAKYO-UP接続方法をご覧ください。

iPhone/iPadの接続方法は、こちらからご覧ください。
miyakyo-up接続手順-for iPhone/iPad

  1. [設定]をひらきます。
    01
  2. [無線とネットワーク]から、[WiFi]をひらきます。
    02
  3. SSID[miyakyo-up]を選択し、IDとパスワードを入力し、[接続]します。
    ID:学番(教職員は、メールアドレスの@マークより前)
    パスワード:各自設定したパスワード

    ・匿名IDは入力の必要はありません。
    ・機種により、証明書の指定をしないと[接続]がグレーゾーンとなり、接続できないことがあります。
    証明書部分は、[なし]を選択し、接続をお試しください。
    [証明書検証なし]を選択できない場合は、SHARP製ANDROIDのMIYAKYO-UP接続方法で証明書のインストールをしてください。
    03

上記手順で接続できない場合は、MIYAKYO-UP接続できない対処法をお試しください。

電源ONからデスクトップまで-surface

購入したsurface、初期化したsurfaceの電源投入からデスクトップが出るまでの流れは以下のとおりです。



2018 Surface Pro
http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/power2desktop.pdf

2017 Surface Pro4を WindowsUpdateした後初期化したもの
http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/power2desktop2.pdf

2017 Surface Pro4
http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~ugawa/class/2A1211-4/power2desktop2017.pdf

Outlookで差出人メールアドレスを追加する

Outlookで、宮城教育大学のメーリングリストを差出人(FROM)として追加する方法は以下のとおりです。

※Outlook側だけでの設定では、差出人のアドレスが変更されません。事前にGmail側での差出人追加作業を行ってください。
GMAILの差出人メールアドレスを追加する


  1. outlookを起動し、ファイルタブをひらきます。
    004
  2. アカウント設定をクリックします。
    005
  3. 自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(詳細設定)を選択し、次へをクリックします。
    006
  4. POPまたはIMAPを選択し、次へをクリックします。
    007
  5. アカウントの情報を入力します。

    【ユーザー情報】メーリングリストの情報を入れます
    名前:受信者に表示されるメーリングリスト名
    電子メールアドレス:XXXXX@adm(ml).miyakyo-u.ac.jp

    【サーバー情報】
    アカウントの種類:IMAP
    受信メールサーバー:imap.gmail.com
    送信メールサーバー:smtp.gmail.com

    【メールサーバーへのログオン情報】自分の宮教staff-gmailの情報を入れます。
    アカウント名:XXXXX@staff.miyakyo-u.ac.jp
    パスワード:XXXXXXXX

    008

  6. 詳細設定をクリックします。
    008-2
  7. 送信サーバのタブをひらき、
    ・送信サーバ(SMTP)は認証が必要
    ・受信メールサーバーと同じ設定を使用する
    にチェックを入れます。
    010
  8. 詳細設定のタブをひらき、以下のように設定し、OKをクリックします。
    【サーバーのポート番号】
    受信サーバー(IMAP):993
    使用する暗号化の種類:SSL送信サーバー(SMTP):465
    使用する暗号化の種類:SSL

    011

  9. 次へをクリックすると、受信送信のチェックが行われます。
    すべて完了すると設定は完了です。
    テストに失敗する場合は、入力を見直してみます。
    011-2
    12
    13
  10. outlookで新規メール作成をするとき、差出人を選択できるようになります。
    014
    015

自分のパソコンから学内プリンターで印刷する-forMac

windows端末、スマートフォンからの印刷は、以下ページからご覧ください。
自分のパソコンやスマホから学内プリンターで印刷する
2017年3月から学内のプリンターは、生協が管理するものとなりました。
ドライバーをインストールすれば、自分のパソコンからも印刷ができるようになります。
Mac用ドライバーのダウンロード、手順は以下のページにありますので、ご覧ください。

<プリンタ設置個所>
①情報処理センター1階
②第2演習室
③第3演習室
④図書館2階
⑤萩朋会館


  1. 富士ゼロックスのホームページから機器のOSに合ったドライバーを選択し、ダウンロードします。
    https://www.fujixerox.co.jp/download/docucentre/5_4070/010203
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックをして、ひらきます。
    04
  3. インストーラ―のパッケージをひらき、ドライバーをインストールします。
    0506070809
  4. システム環境設定をひらきます。
    10
  5. プリンタとスキャナをひらきます。
    11
  6. [+]ボタンをクリックし、プリンタを追加します。
    20
  7. IPタブを選択し、以下のとおり設定し、追加をクリックします。
    IP:
    インストールしたいプリンタのIP(プリンタ本体に160.28.XX.XXと書かれたラベルがあります。各プリンタによってIPは異なりますので、ご注意ください)
    プロトコル:
    LPD(Line Printer Daemon)
    ドライバー:
    ソフトウェアを選択→FX Print Driver for Mac OS xxx vxxx

    21
    23

  8. [OK]をクリックします。
    22
  9. プリンタが追加されました。
    印刷する際は、プリンタを指定の上、印刷してください。
    1819