演習室Windowsネットワーク接続手順

2017年6月より演習室のWindows端末は、新構成となっております。
ネットワーク接続(プリンタやインターネットの利用)をする場合は、ブラウザでユーザ認証をする必要があります。
以下は、ネットワーク接続するための手順です。


  1. 端末の電源を入れます。
  2. Windowsを起動すると、Chromeが自動起動します。
    ネットワーク利用者認証画面が表示されますので、ユーザiDとパスワードを入力し、[送信]をクリックします。

    ユーザID :学番(メールアドレスの@マークから前)
    パスワード:各個人のパスワード

    12

  3. 以下の画面が表示されれば、完了です。
    これで、インターネットが利用可能となります。
    13

※注意事項

  • ログイン後は、ブラウザは閉じないでください。
    ブラウザを閉じるとネットワークから切断されます。
    ブラウザを最小化して、端末を試用してください。
  • 再度ネットワークに接続するためには、ブラウザを開いて、ログインをし直してください。

 

 

 

Macの文字入力設定手順

演習室のMacは、初回ログインの際、文字入力の設定が必要です。


  1. Dockから[システム環境設定]を起動します。
    03
  2. [キーボード]をクリックします。
    09
  3. [入力ソース]タブをクリックし、[メニューバーにメニューを表示]にチェックを入れます。
    次に、[+]ボタンをクリックします。
    10
  4. [日本語]を選択し、任意の入力ソース(”ことえり”か”GoogleInput”、もしくは両方”)を選択し、[追加]ボタンをクリックします。
    11

Strataでパレット(テクスチャー)が表示されない場合の復旧手順

Macに導入しているStrata Desighn 3D CXで、パレット(テクスチャー)が表示されない場合の対処方法は、以下のとおりです。
02


  1. Dockから[システム環境設定]を起動します。
    03
  2. [言語と地域]をクリックします。
    04
  3. “+”ボタンをクリックします。
    05
  4. [English(英語)]を選択し、[追加]ボタンをクリックします。
    06
  5. [日本語を試用]をクリックします。
    07
  6. [言語と地域]を閉じます。
    Macから[ログアウト]し、再度[ログイン]してください。
  7. 再ログイン後、Strataを起動し、動作確認をしてください。
    起動時に”初期化中””ライブラリ確認中”というウィンドウが表示されれば正常動作となります
    08

Office365ProPlusのダウンロード手順

本学アカウントをお持ちの方は、本学アカウントに紐づけられたMicrosoftアカウントでOffice365ProPlusのダウンロード、インストールが可能です。
個人用パソコンへのインストールにご利用ください。
(卒業等に伴い、利用はできなくなりますのでご注意ください)

ダウンロード手順は以下のとおりです。
Office365ProPlusダウンロード手順.pdf

自分のパソコンやスマホから学内プリンターで印刷する

2017年3月から学内のプリンターは、生協が管理するものとなりました。
ドライバーをインストールすれば、自分のパソコンからも印刷ができるようになります。
ドライバーのダウンロード、手順は以下のページにありますので、ご覧ください。

パソコンから
スマートフォン等から

<プリンタ設置個所>
①情報処理センター1階
②第2演習室
③第3演習室
④図書館2階
⑤萩朋会館

staffGmailの移行手順

2017年新システムにおけるstaffGmailへの移行および送受信方法は次のとおりです。

staffMail-migration
※この①移行手順に従った設定は2月末にstaffサーバが
撤去されると、Gmailにメールが取得できなくなったという
メッセージが出ます。
その時点で、上記設定①を削除して、移行の完了になります。

②staffGmail-Thunderbird

③staffGmail-Outlook2013

④staffGmail-MacのMail


⑤Gmailの差出人メールアドレスを追加する

⑥Thunderbirdで差出人メールアドレスを追加する

⑦アドレス帳の移行

⑧Gmialを他のメールアドレスに転送する

アドレス帳の移行

Gmailに移行し使い始めてから、アドレス帳も移行したいことに気づきます。
Gmailでは、アドレス帳に相当するものが「連絡先」となります。

※参考:Gmailヘルプの「連絡先」
https://support.google.com/mail/topic/7280209?hl=ja&ref_topic=3394212


(1)ActiveMailのアドレス帳をエクスポートする
(2)Thuderbirdのアドレス帳をエクスポートする
(3)Gmailにインポートする



(1)ActiveMailのアドレス帳をエクスポートする

  1. ActiveMailのアドレス帳タブを開きます。
    A1
  2. アドレス操作>一括エクスポート を選択します。
    A2
  3. addrbook.xml というファイル名でダウンロードされます。
    A3
    これをExcelで開けて、確認したら、「名前を付けて保存」でcsv形式で保存します。


(2)Thuderbirdのアドレス帳をエクスポートする

  1. Tunderbirdメニューの「ツール」>アドレス帳を開きます。
    T1
  2. アドレス帳>ツール>エクスポート
    T2
    名前を付ける時に「ファイルの種類」でカンマ区切り(*csv)を選択して保存します。


(3)Gmailにインポートする

    1. Gmailの「メール」プルダウンメニューをクリックして、「連絡先」を選択します。
      G1
    2. 「連絡先をインポート」を選択します。
      G2
    3. アップロードするファイルに(1)または(2)で保存したcsvファイルを選択し、「インポート」をクリックします。
      G4
    4. すると、Gmailの連絡先には、インポートした日付でアドレス帳が見えるようになります。
      このインポートしたアドレスを連絡先全体として統合するか、または、1つのグループとして登録するか、「その他」のプルダウンメニューから選択します。
      G5

このようにインポートまたは新規に登録することで、いくつかのグループ毎に管理することが可能になります。

Gmialを他のメールアドレスに転送する

Gmailに届いたメールを他のメールアドレスに自動転送する方法は以下のとおりです。


  1. Gmailにログインし、右上の歯車マークから[設定]をクリックします。
    tensou_01
  2. [メール転送とPOP/IMAP]のタブをクリックします。
    tensou_02
  3. [転送]から[転送先アドレスを追加]をクリックします。
    tensou_03
  4. 転送したいメールアドレスを入力し、次へすすみます。
    tensou_04
  5. [続行]をクリックします。
    tensou_05
  6. 転送先アドレスに許可の確認メールが送られます。[OK]をクリックします。
    tensou_06
  7. 転送先アドレスに届いたメールを確認し、リンクをクリックするか、確認コードを控え入力します。tensou_07tensou_09
  8. [歯車マーク]→[設定]→[メール転送とPOP/IMAP]タブにある[転送]箇所で、転送が有効になっていることを確認します。
    tensou_08